Beauty Business Method サロン経営のノウハウをあなたに

「介護脱毛」って本当に流行ってるの?【2018年最新脱毛事情】

脱毛のメインターゲットは10代後半~30代の女性。それは、テレビCMや雑誌や電車でよく目にする広告に若いモデルや女性タレントが起用されていることからも分かります。しかし、ここ数年、脱毛サロンには新たな客層が増え始めていることも事実。今、「介護脱毛」が話題になっていることをご存知でしょうか?

目次
  1. 介護脱毛とは?
  2. 本当に介護脱毛をする人は増えているの?
  3. 今後、介護脱毛は拡がっていくの?
  4. とにかく「気持ち」を大切にして!カウンセリングの重要性について
  5. まとめ

介護脱毛とは?

「介護脱毛」と聞くと、すでにトイレや入浴などの介護が必要になったお年寄りのためのものとイメージしてしまうかもしれませんが、実は、まだ介護を必要としていない方々が、将来自分が介護される立場になるときに備えて、前もってVIOゾーン(デリケートゾーン)や脇のムダ毛を処理しておくことを意味します。

本当に介護脱毛をする人は増えているの?

今、VIOゾーンを脱毛する40~50代の女性が増えています。その理由のひとつが、将来、介護されるときのため。VIOゾーンを脱毛することは衛生的にも良く、介護する人の手間を少なくするからです。

40~50代になると、自身が両親などの介護を経験し、おむつ交換時に苦労するケースが多いのでしょう。手間がかかる上に、よく拭かないと炎症や感染を起こすリスクがあることを知り、自分が介護されるときのことを考えて『今のうちに…』と、脱毛を決意する方が多いようです。実の子供に苦労はさせられませんし、息子の嫁、介護士などの赤の他人に面倒をみてもらうことになれば、なおさら迷惑をかけたくないと思うのは自然なこと。なるべく負担を減らすために、「事前の準備」をしっかりと行っておきたいと考える中高年が増えているのです。

今後、介護脱毛は拡がっていくの?

今現在、脱毛サロンの多くは、10代後半~30代女性をメインターゲットに設定しています。実際、既存顧客も若い女性が大半をしめているケースが多いでしょう。ですが、中高年の脱毛需要はこれからどんどん高まっていくことが予想されます。今でもすでに「終活」という言葉が話題になり、自身の余生について考える方が多い状況ですからね。高齢化が進めば進むほど「介護脱毛」を希望する方は増えていくはず。需要が見込める客層ですので、今後、中高年をターゲットにし、囲い込む脱毛サロンも増えていくのではないでしょうか。それが、競合サロンに差をつける大事な要素になっていく可能性が高いでしょう。

とにかく「気持ち」を大切にして!カウンセリングの重要性について

「介護脱毛」に興味を持ったり、希望したりする方々には、『人に迷惑をかけたくない』という強い想いがあります。そうした想いは他人にはなかなか言えず、理解してもらえないケースが多いもの。だからこそ、カウンセリングでは、その想いを優しく受け止め、大切にしてあげることが何よりも重要なのです。『人に迷惑をかけたくない』という想いを抱いている分、気持ちのケアができれば若い世代よりも契約に繋がりやすいと思いますので、脱毛への不安や期待、疑問などにしっかりと応えてあげてくださいね。

まとめ

介護される側、介護する側、どちらにとっても負担やリスクを軽減できるのが「介護脱毛」です。そして、脱毛サロン側にとっても、今後大きな需要が見込めるもの。「介護脱毛」の需要増加の流れに乗り遅れることなく、あなたのサロンでもこれまでとは異なる新たな年齢層、顧客層へアプローチしてみてはいかがでしょうか。

 

会員ログイン

入力した情報が間違っています。再度ご入力ください。
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード※パスワードの再設定はこちら

パスワード再設定

登録されたユーザーID(メールアドレス)を入力してください。

パスワード再設定

入力いただいたメールアドレスにメールを送信いたしましたので、
ご確認ください。

新規登録

お名前
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード

会員登録完了

登録が完了いたしました。
メールをご確認ください。