Beauty Business Method サロン経営のノウハウをあなたに

【差別化の重要性】他のサロンとの違い、それが経営成功の鍵となる!

数ある競合サロンの中から、どうすればあなたのサロンを選んでもらえるのか?多店舗展開されていない個人サロンや小規模サロンの場合、他のサロンと同じことをしていては選んでもらえませんし、価格競争に巻き込まれてしまうと経営状態はどんどん疲弊してしまうでしょう。だからこそ、サロン経営を成功させるためには競合との差別化をいかに図るかを考えなければなりません。そこで必要になるのが「差別化戦略」です。

目次
  1. 実際によくある「失敗パターン」とは!?
  2. 価格を下げるより価値を上げて勝負する!
  3. 「リピート率」が個人サロンの命運を握っている!?
  4. 何をどうしたら「リピート率」って上がるの?!
  5. 印象に残るサロンになろう!

実際によくある「失敗パターン」とは!?

開業したばかりの個人サロンや小規模サロンは経験値が低く、資金面でも大手サロンやすでに安定経営している近隣サロンには敵いません。そのため、『近隣の競合サロンより価格を安くすれば来店してくれるはず!』と考え、ホットペッパービューティーなど、WEBやフリーペーパーにクーポンを掲載し、安易に低価格のメニューを提供してしまいます。

けれども、低価格クーポンで来店するお客さまは、そのほとんどが初回限りの低価格メニュー目当て。結局、クーポン掲載に使った広告費さえも回収できずに赤字になってしまうパターンがとても多いのです。もちろん、クーポンを掲載することが悪いわけではありません。クーポンは初回来店の敷居を低くしてお客さまを来店させる効果がありますので、新規顧客の集客方法として大きなメリットがあることは間違いないでしょう。

ただ、低価格クーポンを利用されるお客さまのリピート率はかなり低いという現実があるのも事実。いくらクーポンで新規顧客を集客しても、「お試し価格なら来店するけど、通常価格なら来店しない」というお客さまばかりでは、経営を軌道に乗せることも、安定させることも難しくなってしまうのです。

価格を下げるより「価値」を上げて勝負する!

会員ログイン

入力した情報が間違っています。再度ご入力ください。
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード※パスワードの再設定はこちら

パスワード再設定

登録されたユーザーID(メールアドレス)を入力してください。

パスワード再設定

入力いただいたメールアドレスにメールを送信いたしましたので、
ご確認ください。

新規登録

お名前
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード

会員登録完了

登録が完了いたしました。
メールをご確認ください。