Beauty Business Method サロン経営のノウハウをあなたに

競合サロンとの差別化、具体的にどうすればいいの?

前回は、経営を成功させるには競合サロンとの差別化を図る必要がある、とお伝えしましたね。特に個人サロンや小規模サロンにとって「差別化戦略」は、サロン運営の命運を握るほどに重要なポイント。あなたのサロンの価値を上げることに繋がり、新規集客やリピーター獲得にも大きく影響します。そこで今回は、実際にどのようにして競合サロンとの差別化を図ればよいのか、その方法について詳しくご紹介してまいりますね。

目次
  1. どこにでもあるサロンでは、お客さまに選ばれない!
  2. 伝わりやすい「メニュー」での差別化がおすすめ!
  3. 「差別化メニュー」の大事なポイントとは?
  4. どんなメニューが差別化に効果的なの?
  5. 忘れてはいけない大切なこと

どこにでもあるサロンでは、お客さまに選ばれない!

脱毛・エステサロンを利用しようと思った時、誰もが皆、自分に合うサロンを見つけたいと考えます。そして、いくつかのサロンをチェックし、料金やメニュー、効果などを比較して、その中から選びます。つまり、あなたのサロンが選ばれるためには、他のサロンと差別化されたポイントをお客さまに分かりやすく提示する必要がある、ということ。どんなに他のサロンには負けないアピールポイントがあったとしても、それがお客さまに伝わらなくては意味がありません。

大事なのは、“分かりやすさ”と“伝わりやすさ”。では、一体どのような「差別化」が効果的なのでしょうか?

伝わりやすい「メニュー」での差別化がおすすめ!

会員ログイン

入力した情報が間違っています。再度ご入力ください。
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード※パスワードの再設定はこちら

パスワード再設定

登録されたユーザーID(メールアドレス)を入力してください。

パスワード再設定

入力いただいたメールアドレスにメールを送信いたしましたので、
ご確認ください。

新規登録

お名前
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード

会員登録完了

登録が完了いたしました。
メールをご確認ください。