Beauty Business Method サロン経営のノウハウをあなたに

エステサロン開業の流れ【前編】

エステサロン開業を検討中の方々からの相談で最も多いのが、『何から始めたらよいか分からない』ということ。その不安にお応えすべく、実際に弊社が経営サポートしてきたサロン、及び運営しているサロンの成功体験をもとに、実績と経験に基づいた本物の「サロン開業・経営」のノウハウ、お役立ち情報を惜しみなく公開します。

エステ経験者も未経験者も、これから初めて開業する方も、店舗数拡大を考えている方も、そして現在美容室やまつ毛エクステサロンなどエステ以外の美容業に携わっている方々にも必ずお役に立てる実践的なものとなります。サロンの開業、独立、経営を確実に成功させるためにご活用ください。

それではまず始めに、サロンを開業するにあたって準備しなければならないこと、考えなければならないことなど、最低限の必須事項を簡単にご説明しましょう。

目次
  1. サロンコンセプトの考案
  2. 商圏調査・分析の実施
  3. サロン業態・形態の決定
  4. 事業計画書の作成
  5. 資金準備(融資・助成金・補助金等の申し込み)
  6. 不動産契約・店舗設計

サロンコンセプトの考案

なぜエステサロンを開業するのか、どのようなサロンを作り、どのようなサービスを提供するのか、またどのようなお客さまを対象とするのか、など。開業するには事前にそうした「サロンコンセプト」を考えなくてはなりません。

コンセプトとは、サロンを経営していく上での基本的な考え方や姿勢、そしてあなたのサロンがお客さまへ提供する価値のこと。その中にはサロンのイメージやテーマも含まれます。明確なコンセプトを決めることができれば事業計画をしっかりと立てることができますし、あなた自身の夢や目標の実現にも近づきますので、真剣に、そして楽しみながら考えてみてください。

商圏調査・分析の実施

会員ログイン

入力した情報が間違っています。再度ご入力ください。
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード※パスワードの再設定はこちら

パスワード再設定

登録されたユーザーID(メールアドレス)を入力してください。

パスワード再設定

入力いただいたメールアドレスにメールを送信いたしましたので、
ご確認ください。

新規登録

お名前
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード

会員登録完了

登録が完了いたしました。
メールをご確認ください。