Beauty Business Method サロン経営のノウハウをあなたに

あなたの理想を形に…!サロンの業態・形態について

これを読んでいるということは、美容業界の中でも「エステ業」での開業を考えているはず。では、一体どのような「業態」のサロンを、どのような「形態」で行っていきたいのでしょう?総合エステなのか、あるいは脱毛や痩身を専門とするサロンなのか。「商圏調査・分析」の結果をもとに、あなたが考えたサロンコンセプトと開業資金に合ったサロン業態・形態を考えなければなりません。そこで今回は、エステサロンの業態と形態について、詳しくお伝えしたいと思います。

目次
  1. 業種と業態の違いとは?
  2. エステサロンを開業するなら、どんな業態がおすすめ?
  3. サロンの形態はどうすればいいの?
  4. あなたの理想を実現するために…

業種と業態の違いとは?

美容業界の中でいうと、たとえば美容室、理容室、エステ、ネイル、まつげエクステなど、提供するサービスの分野・種類でサロンを分類する方法を「業種」と呼びます。そして「業態」とは、サービスの分野・種類だけでなく、それをさらに深く掘り下げて分類する方法のこと。具体的には、「エステ」の中でも、脱毛、痩身、アロママッサージ、フェイシャルケア、インド式やタイ式、ハワイアンマッサージなど、より専門性をもった分野・種類で分化することです。つまり、あなたが考えるサロンコンセプトをもとに、どのようなターゲット層に、どのような売り方で提供するのか、ということを明確にしたものが「業態」ということです。

エステサロンを開業するなら、どんな業態がおすすめ?

会員ログイン

入力した情報が間違っています。再度ご入力ください。
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード※パスワードの再設定はこちら

パスワード再設定

登録されたユーザーID(メールアドレス)を入力してください。

パスワード再設定

入力いただいたメールアドレスにメールを送信いたしましたので、
ご確認ください。

新規登録

お名前
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード

会員登録完了

登録が完了いたしました。
メールをご確認ください。