Beauty Business Method サロン経営のノウハウをあなたに

サロン開業への大切な準備!事業計画書を作成しよう!

サロン開業の準備として、「事業計画書」の作成はとても重要です。サロン経営への夢や憧れだけでは生き残れないのが現実。無計画で開業して、後々『こんなはずじゃなかった…』とならないよう、今回は「事業計画書」について詳しくご説明いたします。きちんと事業計画を立てて、必ず成功させましょう。

目次
  1. 事業計画書とは?
  2. 書き方って決まっているの?事業計画書の構成について
  3. まとめ

事業計画書とは?

事業計画書は「成功へ向けた設計プラン」。あなたの頭の中にある“サロンコンセプト”や“経営プラン”を具体的な数字と言葉で表したものです。これは、サロンを開業し、維持、成長、繁栄させていくために必要なもの。開業資金をはじめ、今後の売上や利益、経費などの収支計画を詳細に記載しますので、「どれくらい儲けたいのか」「開業資金や運転資金はどれくらい必要なのか」など、あなた自身も数字について具体的に意識できるようになるでしょう。この事業計画書を作成することで、目標をより明確に設定することができますし、金銭面を含むあらゆる面を客観的に見ていただけると思います。

また、開業にあたって融資を受けることを検討している場合、事業計画書は金融機関に提出する必要書類としても大切な役割を持ちます。事業が成功する見込みがあること、きちんと返済ができることを、この事業計画書で伝えなければならないのです。公的な助成金や補助金の申請にも必要となりますので、できる限り綿密な事業計画書を作成してくださいね。

書き方って決まっているの?事業計画書の構成について

初めて事業計画書を作成する場合、何をどのように書いて良いのか分からず、作成自体を難しく感じてしまうかもしれません。ですが、インターネットで検索すれば無料のフォーマットやテンプレートが沢山ありますし、『必ずこの書き方でなければならない』という決まりもありませんのでご安心ください。今回は、最も代表的な事業計画書とされる「日本政策金融公庫」(政府が100%出資している政策金融機関)の創業計画書に記載されている項目についてご説明いたします。この計画書は「日本政策金融公庫」のWEBサイトからダウンロードすることができますので、ぜひ一度確認してみてください。

(1)創業の動機

「創業の動機」は、この計画書を読み進めてもらえるかどうかの“決め手”になるほど重要なもの。ここで、あなたの中にある「開業への想い」を言葉にするのです。

サロン開業の目的や動機以外にも、あなたが考えるサロンコンセプト、実現させたいビジョンなどを具体的に、分かりやすく伝える必要があります。計画書の提出先や目的が「開業資金を借りるため」であればなおさら、漠然とした理由やビジョンではいけません。数字を使うなど、できる限り具体的な表現を意識して作成するように心がけましょう。フォーマットには記載スペースがたった4行しかありませんが、足りなければ別紙を計画書に添付すれば大丈夫。しっかりと「あなたの会社・サロン」をアピールしてくださいね。

(2)経営者の略歴等

「経営者の略歴等」は、「あなたの履歴書」のようなもの。内容は。下記4つの項目に分かれています。

①略歴

この項目は、簡単に言うと「あなたの職務経歴書」になります。あなたがいつからいつまで、どこでどんな経験を積んできたのか。それが一目で分かるようにする必要があります。実際の職務経歴書を作成するように、「年月」には学校の卒業の年と月(最終学歴または、サロン事業に関係する学校の情報)、仕事の勤務開始年と月を記入してください。「内容」の部分には、卒業した学校の名前、勤めてきた会社の正式名称や経験してきた仕事の詳細など、あなたのこれまでの経歴を具体的に記入しましょう。まだ勤務している場合は、退職予定の年と月も記入してくださいね。

②過去の事業経験

この項目は、「あなたが過去にサロン事業を経営した経験があるか否か」という質問となっています。選択式になっていますので、該当するものにチェックするだけで大丈夫です。

③取得資格

この項目も選択式となっていますので、サロンを開業するにあたって役立つ資格を取得している場合は、「有」にチェックを入れて、それをしっかり記入しておきましょう。その際、資格の名前は正式名称で記入すること、資格の取得日を記入すること、この2点をお忘れなく。他にも保有している資格があれば、それも記入しておいてくださいね。

④知的財産権等

これも同じように選択式となっています。何かあれば「有」にチェックを入れて、その名称を記入してください。また、「有」を選択した場合は、「申請中」「登録済」なのか、現在の状況も選択できるようになっていますので、該当する方にチェックを入れましょう。

(3)取扱商品・サービス

この「取扱商品・サービス」には、「取扱商品サービスの内容」「セールスポイント」の2つの欄があります。

まず、「取扱商品サービスの内容」の欄には、開業するサロンの主力となるサービスや商品の詳細を記入します。あなたが予測する“売上トップ3”について、その説明と売り上げシェアを記入するのですが、この計画書を見る相手が理解できるようにしっかりとその売上の根拠を示すようにしましょう。価格や見込み売上、客数、客単価など、数字を出して具体的に書いてください。もちろん、『提供するすべてのサービスや商品の詳細をもっと説明できる!したい!』ということであれば、3つ以上でも構いません。別紙に記載して添付すれば大丈夫ですよ。とにかくこの欄には、あなたがどれだけ「サロン事業」に真摯に向き合い、真剣に今後の展望を考えているのかということを、数字でしっかりと読み手に伝える必要がありますので、それを意識して書いていきましょう。

「セールスポイント」の欄では、「あなたのサロンの売り」や「競合サロンとの違い」を明確に伝える必要があります。サロンコンセプトを思い浮かべながら記入していくと良いかもしれませんね。とにかく、あなたのサロンが競合より優れていて、お客様に選ばれる見込みがあり、売上をしっかりとあげていけるということが読み手に伝わるよう、自信をもって記入してください。

(4)取引先・取引関係等

あなたが「サロン事業」をどのように進めていくのか?それをここで説明します。仕入先や取引先などの詳細が必要になりますので、計画書作成の前に、しっかりと準備、確認をしておいてください。契約書や注文書「取引先・取引関係等」で記入するのは、下記4つの項目です。

①販売先

明確な販売先がある場合は、その会社名を記入します。ただ、「サロン事業」ですと、固有の販売先というものは特にないケースがほとんど。ターゲットにするのは、事業者ではなく消費者ですからね。ですので、この欄には、「一般個人」と記入すると良いでしょう。そして、あなたが考えているターゲット層を基に、年代や性別、職業、どのエリアに住み、どのエリアで働いているのかなど、その「一般個人」の詳細を記入してください。

~例~

・〇〇エリアで働く20代のOL

・〇〇駅を利用している女子学生

・〇〇エリアに住む30~40代の主婦

②仕入先

あなたのサロンで“仕入”があり、すでに特定の仕入先が決まっている際には、この欄に詳細を記入してください。

③外注先

仕入先同様、もし外注があれば、その詳細をこの欄に記入してください。

④人件費の支払

スタッフを雇用する場合は、この欄にその給与等の支払いに関することを記入しましょう。たとえば、月末締めで、支払いは翌月15日、ボーナスの支給月は6月と12月というように。

(5)従業員

スタッフを雇用する場合は、その人数(見込み人数)を記入してください。

(6)お借入の状況

「お借入先名」「お使いみち」「お借入残高」「年間返済額」と4つの記入欄がありますので、住宅ローンや自動車ローン、カードローンなど、プライベートで借り入れをしている場合は、それをすべて記入してください。

(7)必要な資金と調達方法

初めての開業の場合、数字に慣れていなかったり、必要な資金の予測や決定が難しかったりしますので、この項目を記入するのは少し大変かもしれません。しかし、融資する側が重要視する大事な部分であることは間違いありません。それに、客観的に、できる限り詳細に記入することで、あなた自身も本当に必要な資金が分かってきますので、ここはじっくり考えて記入するようにしましょう。記入するのは、下記2点です。

①必要な資金
~設備資金~

サロンを開業するにあたって必要な設備とその金額を記入してください。サロンで使う機器の購入費用や、内装外装、看板設置、電気、空調の工事費用など、事前に見積もりを確認しておきましょう。この創業計画書は、一緒に見積書を提出する必要があります。

~運転資金~

サロンを運営していく上で必要な経費とその金額を記入してください。人件費や家賃、光熱費、広告宣伝費、消耗品代など、あなたのサロンで必要になる経費を洗い出し、毎月どれくらいの経費がかかるのか確かめましょう。

②調達の方法

この欄には4つの項目(資金の調達先)がありますので、当てはまる場所に設備資金と運転資金の金額を記入してください。ここで記入した金額の合計額と、先に記入した「必要な資金」の合計額が同じになれば大丈夫です。

(8)事業の見通し

「創業当初」「軌道に乗った後」の2パターンで、大体の損益計算書を作ります。日本政策金融公庫から融資を受けた場合、ここで出した利益の中から返済していくことになりますので、返済額より利益の方が大きくなっている必要があります。

①「創業当初」(サロンを開業して起動に乗るまでの期間)

・売上高:1ヶ月の売上を予測し、それを記入してください。

・売上原価(仕入高):1ヶ月の仕入にかかる金額を記入してください。

・経費(人件費):スタッフを雇う場合、その人数と支払う金額を記入してください。

・経費(家賃):賃貸の場合、毎月の家賃を記入してください。

・経費(支払利息):借入先が定める利率をもとに支払利息を計算し、それを記入してください。利率については日本政策金融公庫のWEBサイトに情報が掲載されていますのでご確認ください。

・経費(その他):広告宣伝費、消耗品代、水道光熱費など、必要になる経費の内訳と金額を記入してください。

・合計:上記の数字を足した金額を記入してください。

・利益:「売上高」-「売上原価」-「合計」の計算式で利益を計算し、記入してください。

②「軌道に乗った後」(サロンが軌道に乗った場合)

「創業当初」の欄と記入する内容は同じです。ただし、サロンが軌道に乗れば、増える数字、減る数字があるはずですので、それをしっかり確認しながら記入するようにしましょう。

まとめ

サロン開業にあたって融資を受ける際には、事業計画書の提出が求められます。今回は、日本政策金融公庫の「創業計画書」を例に書き方をご説明いたしましたが、他の金融機関であっても、それは変わりません。事業計画書の内容は融資の可否に大きく影響しますので、どの項目も決して手を抜かず、あなたの想いや情熱をしっかり込めて作成してくださいね。事業計画書を作成しながら、あなた自身の中で、サロン開業に対する決意や成功させるためのビジョンをより一層膨らませましょう。

次回は、「資金準備」(融資・助成金・補助金等の申し込み)についてお伝えします。開業資金のために融資を検討している方は、「開業資金は早めに準備して、お金の不安を解消すべし!」ご覧ください。

会員ログイン

入力した情報が間違っています。再度ご入力ください。
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード※パスワードの再設定はこちら

パスワード再設定

登録されたユーザーID(メールアドレス)を入力してください。

パスワード再設定

入力いただいたメールアドレスにメールを送信いたしましたので、
ご確認ください。

新規登録

お名前
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード

会員登録完了

登録が完了いたしました。
メールをご確認ください。