Beauty Business Method サロン経営のノウハウをあなたに

サロン開業への大切な準備!事業計画書を作成しよう!

サロン開業の準備として、「事業計画書」の作成はとても重要です。サロン経営への夢や憧れだけでは生き残れないのが現実。無計画で開業して、後々『こんなはずじゃなかった…』とならないよう、今回は「事業計画書」について詳しくご説明いたします。きちんと事業計画を立てて、必ず成功させましょう。

目次
  1. 事業計画書とは?
  2. 書き方って決まっているの?事業計画書の構成について
  3. まとめ

事業計画書とは?

事業計画書は「成功へ向けた設計プラン」。あなたの頭の中にある“サロンコンセプト”や“経営プラン”を具体的な数字と言葉で表したものです。これは、サロンを開業し、維持、成長、繁栄させていくために必要なもの。開業資金をはじめ、今後の売上や利益、経費などの収支計画を詳細に記載しますので、「どれくらい儲けたいのか」「開業資金や運転資金はどれくらい必要なのか」など、あなた自身も数字について具体的に意識できるようになるでしょう。この事業計画書を作成することで、目標をより明確に設定することができますし、金銭面を含むあらゆる面を客観的に見ていただけると思います。

また、開業にあたって融資を受けることを検討している場合、事業計画書は金融機関に提出する必要書類としても大切な役割を持ちます。事業が成功する見込みがあること、きちんと返済ができることを、この事業計画書で伝えなければならないのです。公的な助成金や補助金の申請にも必要となりますので、できる限り綿密な事業計画書を作成してくださいね。

書き方って決まっているの?事業計画書の構成について

会員ログイン

入力した情報が間違っています。再度ご入力ください。
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード※パスワードの再設定はこちら

パスワード再設定

登録されたユーザーID(メールアドレス)を入力してください。

パスワード再設定

入力いただいたメールアドレスにメールを送信いたしましたので、
ご確認ください。

新規登録

お名前
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード

会員登録完了

登録が完了いたしました。
メールをご確認ください。