Beauty Business Method サロン経営のノウハウをあなたに

開業資金は早めに準備して、お金の不安を解消すべし!

サロンを開業するには、運転資金とは別に開業資金が必要です。十分な貯金があり、それで開業資金をまかなえるのであればそれがベストですが、なかなかそうはいきませんよね。実際、開業に必要な資金をすべて自己資金でまかなえるようなケースは少なく、開業を考える方々にとっては、開業資金をどのようにして調達するかがとても大きな問題となります。ですが、聞きたくてもあまり人に聞けないのが「お金」の話。そこで今回は、資金調達の方法についてお伝えしたいと思います。

目次
  1. 自己資金だけでは足りない場合、どうすればいいの!?
  2. どこで借りればいいの?資金調達先を教えて!
  3. おすすめは、日本金融公庫の「女性・若者・シニア起業家支援資金」!
  4. 自治体からも低金利で借りられるって本当?「制度融資」について教えて!
  5. 国や地方自治体から「返済不要なお金」がもらえるって、本当なの!?
  6. まとめ

自己資金だけでは足りない場合、どうすればいいの!?

開業にあたって、自己資金で足りない分は融資を受けることを検討しましょう。ただ、“融資”と一言で言ってもその種類は様々で、内容や条件も異なります。だからこそ融資を受ける際には、「どこで」「いくら」借りるのか、金融機関や金額を真剣に考えなければなりません。また、条件に合い、所定の手続きをすれば国から返済不要な助成金や補助金を受給することも可能です。「サロンを開業したい!」という強い想いも、手を伸ばせば届くはずの夢の実現も、『資金が足りないから…』という理由で諦める必要はありません。しっかりと制度を理解して、積極的に公的資金を活用してくださいね。

どこで借りればいいの?資金調達先を教えて!

会員ログイン

入力した情報が間違っています。再度ご入力ください。
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード※パスワードの再設定はこちら

パスワード再設定

登録されたユーザーID(メールアドレス)を入力してください。

パスワード再設定

入力いただいたメールアドレスにメールを送信いたしましたので、
ご確認ください。

新規登録

お名前
ユーザーID(メールアドレス)
パスワード

会員登録完了

登録が完了いたしました。
メールをご確認ください。